青山・表参道を中心に、港区・渋谷区エリアの物件を
仲介手数料最大無料にてご紹介!

採用情報
mail Twitter 0120-266-564

受付時間10:00~19:00 水曜・日曜・祝日定休

メイン画像
仲介手数料無料物件
HIGH CLASS 高級・タワーマンションを探す
VINTAGE ヴィンテージマンションを探す

青山売買.comトップ > スタッフブログ

2017年 【青山売買】 人気物件 TOP5!

2017年も残すところあとわずかとなりました。

今年もたくさんのお客様からお問い合わせをいただき、ありがとうございました。

 

今年お客様から反響を多くいただいた、人気物件TOP5を発表します♪

物件探しなどのご参考にお役立ていただければ幸いです。

 

 

◆2017年 【青山売買】 人気物件 TOP5◆

 

1位 コープオリンピア
 

コープオリンピア外観

 

原宿駅前の交差点にドーンと佇む「コープオリンピア」。表参道の並木と美しく調和した渋カッコイイ外観で、”これ知ってる!”という方も多いのではないでしょうか。扇型になった裏側のお顔もなかなかの迫力です。東京オリンピックの翌年1965年に完成し、”オリンピア”というマンション名は、オリンピックに因んで付けられたのだそう。全館24時間冷暖房や屋上プール、ホテルの様なフロントサービスなど、当時としては画期的な設備・サービスを誇り、高級マンションの先駆けとなったマンションです。抜群の立地環境や管理の良さから、ヴィンテージマンションの代表格として時を経た今でも変わらぬ人気を博す、モンスターマンションです。

(→物件情報はコチラ)

 

位 青山コーポラス

 

青山コーポラス

 

青山学院裏手の”アイビー通り”に佇むヴィンテージマンションです。表参道駅から5分程度の場所ですが、駅周辺の喧騒から離れた閑静な環境。住所は渋谷区渋谷。南青山アドレスではないのですが、この界隈にはホーマットシリーズなどの高級ヴィンテージマンションが建ち並び、知る人ぞ知るエリアとなっています。建築家山田守旧自邸を使用した南青山の老舗喫茶店「蔦珈琲」もすぐ近くです。

昭和40年築ですが、雁行したフォルムや直線的なファサードが何ともモダン。お部屋のあかりが灯る夕暮れ時の表情も素敵です♪今年は、80㎡台のリノベ済のお部屋などをご紹介しました。眺望のよい青山学院側のお部屋は特に人気のため、お探しの方は早めの決断が必要になりそうです。

(→物件情報はコチラ)

 

位 シャトー東洋南青山
 

シャトー東洋南青山 -共用部写真

 

骨董通りから少し入った角地に建つ、ヨーロピアンな外観が素敵なヴィンテージマンションです。先にご紹介した「青山コーポラス」の道を隔てたはす向かいに位置しています。マンション1階の一角には「NIKELAB」が入っていますが、この場所は元々同マンションのプールだったスペースで、当時の充実した共用施設の名残が感じられます。また、各住戸をつなぐ吹き抜けの共用部は、「シャトー回廊」と呼ばれ、波打つような曲線が美しいデザインです。今のマンションでは考えられない贅沢な空間は、マンション黎明期の豊かさを感じることができ、ゆったりとした気持ちにさせてくれます。ご内見の際は、共用部もぜひゆっくりご覧いただきたいマンションです。

(→物件情報はコチラ)

 

位 ビラ・ビアンカ
 ビラビアンカ-外観写真
 

黎明期のマンションの中でもそのデザインとコンセプトにおいて卓越した存在であるビラシリーズ。その第一号となった「ビラ・ビアンカ」は、1フロアおきにバルコニーの位置をずらした凹凸感のある独特のフォルムで、見るものを圧倒するインパクトがあります。今年はリノベーション済のカッコイイお部屋も販売されましたが、一瞬にしてご成約となり、その人気の高さにも圧倒されました。このマンション限定でお探しのお客様もいらっしゃり、ビラシリーズの原点として、時を経て今なお輝きを増すヴィンテージマンションです。

(→物件情報はコチラ)

 

位 ドムス青山
 ドムス青山-外観共用部
 

株式会社大建ドムスが分譲したこだわりの高級マンションブランド【ドムス】。ドムス(domus)とは、ラテン語で家屋・家庭を意味し、古代ローマでは、上流階級および中流階級の自由民が住んだ住宅を指す語源だそう。都心の一等地ばかりに建ち、破格の分譲価格で取引されてきたこともあるという伝説的なブランドマンションです。木工には宮大工、塗装には宮内庁造営を手がける職人が起用されるなど、ヨーロッパ建築と日本の伝統美の調和が図られ、外観・内装ともに美しさが追及されています。ドムス青山は、人気の南青山アドレスで、骨董通りや六本木通りへのアクセスが良い立地のため、お車で移動される方は特に利便性を感じられそうです。今年は久しぶりに上層階の大型住戸が販売されましたが、早い段階でご成約となりました。駐車場所有権付というアドバンテージも大きかったのかもしれません。

(→物件情報はコチラ)

 

 

今年も例年同様、ヴィンテージマンションが上位を占めていました。

ヴィンテージマンションは、その立地の良さや資産性の高さはもちろんですが、スペックだけでは測れない魅力があり、そこに惹かれるお客様も多いように感じます。

姉妹サイト【TOKYO VINTAGE MANSION】では、都心エリアのヴィンテージマンションに特化しておりますので、ヴィンテージマンションにこだわってお探しの方、ご売却をお考えの方はそちらもご活用いただければ幸いです。

人気のマンションは売り物件が少なく、また、売り物件が出ても早いタイミングで決まってしまうことが多いため、情報をお伝えしきれないこともありますが、【青山売買.com】では、良質な物件を引き続きご紹介していきたいと思いますので、2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

《年末年始休業のお知らせ》

誠に勝手ながら、年末年始休業の為2017年12月27日(水)から2018年1月3日(水)までの期間中

お問い合わせへの対応をお休みさせていただきます。

 

恐れ入りますが、上記期間にいただいたお問い合わせへの回答は

1月4日(木)以降、順次対応させていただきます。

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

キーワード検索

カテゴリー別アーカイブ

最近のエントリー

月別アーカイブ